【④書くことない・エピソード無いOK!】就活裏技集(本や就活サイトじゃ教えてくれない技紹介) 新卒就活裏戦略

就職活動攻略
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!さぼてんです。

本ブログは、自身のこれまでの体験から

『先に知っておきたかった・・・』『ここが苦労した・・・』という点を紹介し

私以降の人が少しでも良い結果が得られればと思い、ブログにしています。

人生のライフイベントは、教えてくれる人がなかなかいないし、

人に聞きにくい部分もありますよね。

何事にもマニュアルがあればなぁとか、最低限学んでから挑めたらなぁと

思う方へ届けばいいなと思います!

 

では、就職活動編流れのまとめを投稿していきます!(ここまでテンプレ)

就職活動の流れ・戦略(新卒)

就職活動の流れ・戦略(新卒)

【こんな方におすすめの記事です】
・就職活動になるべく万全に備えたい
・なぜか就活がうまくいかない
・本や就活サイトをたくさん見たけど、もっと技を知りたい
・要領が良く、柔軟な人

就職活動の裏戦略?

就職活動は、
対策本や・就活サイトのQ&A・大学の就活対策室などを参考に
行っている方がほとんどだと思います。

それで十分です。

この記事は、そこを理解したうえで、
もし自分が当時にタイムスリップしたら、周りの友人が就活をするなら、

コッソリ教えたい意識作りや裏技を記事にします。

正直、真っ当に挑んだ結果うまくいかないタイプの性格・能力の
人も世の中には多いと思います。そんな方にはちょうどいいかもです。

やはり企業様の手間を考えると推奨とは言いませんが、
目を通すだけは価値があると思います。

 

基本的な流れはこちら

①就活サイトへ登録
②自己分析(ES・履歴書ネタ整理) 
③行きたい企業・業種の検討/OB OG訪問
④インターンシップへの参加(必須ではなく、②~③と並行OK)
⑤エントリー(①~④期間にできるなら行ってOK)
⑥筆記・WEBテスト対策
⑦面接対策
⑧ES提出・面接

過去の記事(この流れに沿った補足記事なので、是非お目通しを!)

それぞれどういうことをするのか?

やったほうがいいこと・やめたほうがいいことを解説していました。

意識作り:就活サイトへの登録

【最低2つ、最高は管理できるサイト数】

マイナビからはエントリー出来て、リクナビからはエントリーできない企業もあります。

※年度だけ注意。卒業年です。マイナビ2022か、2021かを間違える人、割といます。

【早ければ早い方がいい】

この時点で後回しにするひとは、ほとんどのことに出遅れます。結果、自滅率が上がります。

【行きたい会社が就活サイトに登録されていない】

企業HPの採用情報ページを探してみてください。

掲載がない分、募集人数も少なく・応募数も少ない可能性がありチャンスですが

少々手間です。行きたい会社がある!という熱意ある方は推奨です。

裏技:自己分析(ES・履歴書ネタ整理)

面接ありきで書く。ここ質問してくださいねと誘導できるようなネタ

①書くべき趣味・特技 

【”語れること”であればなんでもOK、必ず数字で表現する】

【”語れること”といえるの基準】
同じ趣味特技の面接官に当たった場合でも
ある程度会話のラリーができる程度の知識があればOK。
【書き方例】数字表現
全国〇位!月〇冊読破!〇年間継続!年間〇件! 多少盛ってもバレません。

それが難しいんじゃん!!!何もないんだよ!!!!という方

【見つけ方・考え方・エピソードの書き方】

浅く広い大衆的趣味×頻度を盛る×お金か労力をかけている感+何を得たかor理由

日常生活上すでに行っている可能性が高いので、映画鑑賞音楽鑑賞食べ歩き

なんかは書きやすいです。日々まったくやっていないものでなければ書けます!

書いた話題に対して、人事が話題に乗ってきて最新の話をされた・聞かれた場合であっても、

“今は就活に力を入れたいと思い、一旦頻度を落としているので最新のことは終えていません”

“大学時代にしかできない交友関係を重視して、今は自分の趣味を少し控えています”

と述べれば危機回避可能です。

【趣味の書き方ポイント例】
映画鑑賞月3本(本当は1本くらい)。映画館(本当はアマプラ)で見ています。
息抜きの趣味ですが、映像での伝え方や雑学的な知識・話題に繋がるから
【特技の書き方ポイント例】
料理。
家飲みで友人呼んで8種類以上のメニューでクラッカーパーティをしたことがある
(下記記事情報を参照すればいけます!)。
スーパーで、これいいかもと思ったものは買って試してみています
(買ってなくてもバレない)。
高尚な特技である必要はありません。ハードルを下げて考えましょう。
クラッカーパーティを例に挙げた理由は、
パーティメニューってすごそう!人招いて振舞えるレベルなんだ!実は料理が簡単で誰でもできる
という点と、仮に浅い知識でも、千差万別の好みがある点からにわか感がバレにくいからです。
 
嘘は入社後もつきまといます。バレなければ真実ですが、嘘は本当の最終手段です。

②書くべき資格・免許 

【3級以上であれば書く。なければ書かない。埋めつくす必要はない。】

資格や免許を持っている場合=いつ取ったか?なぜ取ったか?が質問されがちです。

周りに流されてでも、何個か資格を保有している方は、

以下の言い回しで伝えることがおすすめです。計画性・意欲を評価してもらえます。

「大学生活で怠けないように、
卒業までに〇個(または年〇個)資格を取ろうと入学時に決めていました」

③書くべき学業に関する取り組み 

【志望企業・業種に関係ない学部、内容であってもOK】

自分がなぜその学科にしたのか、熱心に学んでいたことが伝わるような内容であればOK

何もないんだよ!!!!という方が多い項目です。

【見つけ方・考え方・エピソードの書き方】

自分で希望・選択したこと楽しく学んでいたこと。を書く
大げさな書き方例で書くと、下記内容です。
【学業に関する力を入れたことや入学理由の書き方ポイント例】
〇〇という経験(小さいエピソード)から〇〇に興味があり、
試しに読んだ本の著者が偶然在籍されている〇〇大学が良いと思い受験しました(大学教授で入学前から著本している人を探す・・・)

入学後、様々な授業を受けていくにあたり、〇〇に一層興味を持ち、
〇〇に関する卒業論文をしたためることに力を入れて参りました。
内容が伝わるように、前向きに勉強したことが書ければOKです。
研究内容は、素人にはおよそわからないものが多いので、深堀されることは少ないですが、
稀に
「その論文の内容を、何もわからない人に向けて説明してみてください」
といわれる場合があるので回答の用意をしておくと良いです。
 

④書くべき学業以外の学生時代の取り組み

【様々な例文に目を通し、近いエピソードに自分をあてはめて修正する】

様々な文例を検索して見れば、自分の体験に近い文例が出てくるはずです。

本当に何もない場合は、文例のような体験や発言を意識して、

今から実践してみるのも手段です。

有名サイトにない例文か、友人の体験をよく聞き、質問し、そのまま自分ごととして書く

これは完全に嘘になってしまいますし、徹底しない限りはどこかでボロがでます。

最終手段であり、自己責任です。

体験していないことは、自身に染みついていないので、質問を予測した対策回答必須

⑤書くべき志望動機 

【対象企業のHP・資料に目を通す。例文を参照して書けば間違いない】

「〇〇業界 志望動機」と検索すればおよそ、いい例が出てきます。

そこに対し、企業HPと見比べて食い違いないかを修正すれば、

実際にあなたの心が向いていない、志望度の低い企業の志望動機もかけます。

ただ、企業目線では、ここはしっかり描いてほしいところですので

そのような書き方をする分、落選率は上がると考えてください。

分析・対策が企業毎に異なるため、手間ですが、手間=志望度=合格率と影響します。

踏ん張りどころと思います!

⑥書くべき自己PR 

【例文に目を通し、近いエピソードに自分をあてはめ修正するのは△】

オリジナリティを要求される部分です。

企業の求める”人材与件”に対する回答となるような

エピソードとPRポイントが重要で手抜き感が非常にわかりやすいです。

また、深堀質問をもらう可能性が非常に高いので、コピペや嘘のリスクは大きいです。

なので、

前回記事と異なる参照サイトです↓

【内定者ES例文24選】魅力的な自己PRの書き方とポイント | 就職活動支援サイトunistyle (unistyleinc.com)

就活は、自分と向き合う機会でもありますので、

キーワードを決めて、なるべく自力で書ける内容捻出を推奨します!

ネット上の文例修正メリット:文体や構成が崩れない。読みやすい文
ネット上の文例修正デメリット:読んでいてオリジナリティが少ない。つまらない文

文例を参考に自分で書く!がベストだと思います。

文章構成の練習は、結果的に面接で話すときの会話構成に繋がりますので、勉強が活きてきます。

意識作り・裏技:エントリー

【時代がどうあれ、100社エントリーを目標に】

【本命企業と別に、練習企業へのエントリー】

就活サイトや本では、各企業の人事課がお客様なので

企業に手間や不利となるような情報は発信しません。

ですが、実際は、本番に向けたリハーサルを行えるかどうかで

当日のメンタル・対応能力面に大きな差が生まれます。

エントリー数=手札=最初以後に増えることありません(あるとしても不本意企業や二次募集)

 
【本命を除きエントリー対象となる企業】
・面接練習企業
・グループワーク練習企業
・筆記試験練習企業
希望業種じゃなくてもいいです。落ちてもいいんです。空気感や経験のためにやるべきと思います。
インターンやOB訪問より実践的で、効果的です。
 
Q,早期に面接やグループワークがある企業は、どう探せばよいですか?
→就活サイトでは、
 一次面接予定日や、エントリーと同時に一次選考日も申し込める企業があります。
 就活センターや周りの就活生に聞いてみると、
 面接日程が早い/グループワーク日程が早い/筆記試験実施が早い企業を知っている人も
 多くいます。
 

以上の企業は、

希望業種以外であっても、履歴書が未完成であってもすぐにエントリー・予約してください。

そして、それに合わせて不出来であっても履歴書やESを一つ、まずは完成させてください。

すぐに予約する、この一歩の差が非常に大きいです。
 そして練習したかどうかの差は、さらに大きいです。
 
そして、本命より前に”同じ業種の別企業”の面接を1回はこなした方が良いです。
業界特色のような雰囲気にのまれる場合がありますので。

 

裏技:筆記・WEBテスト対策

【基本的に、少々の勉強で70点程度を目指せればOK】

注意点は、

企業側のリスクヘッジのために、足切りと頭切り両方があり得るということです。

40~90点を除き不採用としている企業が多い傾向です。(安全圏は60~80点ともいわれます)

WEBテストを、

友達を呼んで複数人でやるのはある程度聞く作戦のようですが、満点には注意が必要だったりします。

裏技:面接対策

主なコツは前回記事ご参照ください。

箇条書きにすると

【第一印象がほぼすべて。直前に鏡でチェックもする】

【堂々とした、頼れそうな落ち着いた印象を持ってもらう】

【挨拶など基礎的なマナーや振る舞いを行う(3割ができてません)】

【目を見て話す・簡潔に、話過ぎない】

【よくある質問対策を徹底する(逆質問・してはいけない質問対策必須)】

以上の基礎を抑えたうえでの小技は・・・

【小技】
志望業種の本命ではない企業への説明会・面接に多く参加する。その中で・・・
・他人の優れた質問、優れた面接対応や言葉は真似する。部分的に取り入れる。
・説明会で知った業界情報、競合情報を、本命企業で調べたかのように話す。
・志望業種の説明会で、他の就活生から”どこの企業がどんな選考だったか”聞く
情報戦のノウハウです。
いいものはすぐ取り入れましょう。
説明会で、人事の方が業界の傾向や自社の特色をは話してくれることは多いです。
本命企業の競合他社の強みや弱みは、本命企業の志望動機や入社後やりたいことに
要素を取り入れることで、「お!ちゃんと調べてるね!」と思ってもらいやすいです。
【競合他社説明会で仕入れた情報をもとに、面接での志望動機の伝え方例】
〇〇社は、A分野のシェア率が高いですが、B分野に弱い印象です。
御社はB分野に強いと思っており、御社のファンとしての目線ですが、A分野へ参入拡大していくチャンスも非常に大きいと考えております。
私は、B分野に興味がありますので、入社後はそちらに関する営業を行いたいですが、後々はA分野拡大の機会があれば、是非そちらにも尽力してみたいと思います。

以上のようなことが言えると、人事はびっくりすると思います笑

あくまで、本命企業に対しては、

「今強い部分に携わる仕事に加わりたいが、後々別分野のことも興味がある」
といった言い回しをすれば、
勉強してる感・考えてる感が伝わり、頭一つ抜けた評価をもらえます。
 
心構えとして、
このように考えると無駄なつまづきは起こりにくくなります。
・面接当日から面接終了まで”今日受ける企業が第一志望”と自己暗示
・一緒に働きたいか?不快じゃないか?面接官目線で考えてNGはしない
・自分は優秀で、どの会社も欲しがる人材像 を演じ切る役者だと自己暗示
自己暗示が大事な理由は、
その小さな挙動から”あぁこの子は第一志望は弊社じゃないんだな”と悟られやすいからです。
人事は、何人も面接して見比べています。
自社が志望度高いのかどうかは、それなりに見透かされます。

裏技:グループディスカッション(グループワーク)

・始まる前に

今日この選考があると知っているなら、始まる前に他就活生と雑談をする。

結果、雑談した方が別グループであても緊張がほぐれ、空気感がホームになる場合も。

 
・役割を取るなら
発表者>リーダー>書記>その他参加者>タイムキーパー
 
・役割を取るタイミング(企業次第な面もありますが・・・)
“誰もやりたがらない役割を取る”と”自分のやりたいより先に周りに聞いてみる”
 
始まったのちの、備えておくべき技
【グループワークを成功させるための技】
①何分くらいまでには意見をまとめ、発表に備えるかタイムスケジュールを進言する
(約10分残して、一度発表リハーサルを全員で聞くのが理想)
②円滑に進まないことを除けば、誰の意見も否定をしない
③タイムキーパーがただ時間の報告だけや、コメントが少ないときは
「残り〇分なので、あと何分くらいにはここまで決めたいですね」とフォロー
④書記がまとめやすいように、やり取りを要約して初期に伝えてあげる役割をする
⑤発表者に、この内容で話す内容をまとめられるか、リハをするか提案する
 
グループによっては、ただただ沈む船の場合があるかもしれません。
リーダーがビックリするぐらい舵取りを間違える場合もあります。
ただ、面接官は結果の発表内容ではなく、過程から個人個人を評価します。
 
自分自身は、毅然と、上記をしっかりとこなしていきましょう。
自分以外のメンバー全員不合格のグループワークも、存在します。

裏技:集団面接

こちらも、個人個人を見ていくものですが、周りに流される必要はありません。

注意点は、

隣の人と志望動機や自己PRポイントが被った!
まったく問題ないです。「〇〇さんと同じですね笑。私の経験は・・・」
とクッション言葉をはさむ余裕・堂々とした態度がむしろ加点になります
ただし・・・・・
隣の人と”最近気になるニュース”が被ることは望ましくないです
 様々なニュースを日々見ているのが社会人基礎
 あー、準備した回答以外できないのかなという渋い評価もありえます
 気になるニュースのみ、二つは用意したほうがいいですね

その他アドバイスとして・・・

噛んだ!詰まった!言葉が出ずに頭が真っ白に!
「すみません、もう一度話直します(笑)」
「少し整理したいので数秒だけよろしいでしょうか(笑)」
と笑顔でやり直しや時間作りをすると良いです
申し訳ございません申し訳ございませんと自分を追い詰めないでください
笑顔で乗り切るのも、社会人には大事なスキルの一つです笑
人の名前を覚える
 ちょっと難易度高いですが、他の就活生や面接官の名前を憶えて、
 自分の発言に組み込む「〇〇さんのおっしゃった通り・・・」など
 社会人にとって、名前を覚える、名前を呼ぶことは立派なスキルです
 

意識作り:なぜ不採用なのかわからない。就活がうまくいかない。

ここまで完璧に対策しても、不採用の場合はあります。

【なぜか不採用!?人事側の不採用理由3選】
①今年の募集したい新入社員タイプは例年と違った
②実は、ただのパフォーマンス面接で、学歴フィルターが存在した
③採用男女比が決まっており、今年は狭き門だった

などなど

学校のテストと違い、うまくいけば合格という常識はありません。

本当に入りたい企業だった場合残念ですが、時の運も往々にしてあるのが就活です。

ただ、落ちた理由に気付いていないだけの場合もあります。

それが一番怖いので、冷静に見つめなおして、すぐに次の企業に向けましょう!

住めば都企業も多いですし、転職も気楽になってきましたので、

第一志望に落ちたところで、そんなに絶望することはありません。

意識作り:就活自体の楽しみ方

就活を楽しんでいる人・学びの場ととらえているポジティブな人は採用率が高い印象です

面接前・面接後の退室前の雑談のような空気のときに、

楽しんでいることを伝えることは自身の印象にプラスに働きます。

私はよく、このように話していました。

「先輩方に伺うと、こんなにも堂々と様々な企業に入室できて、会社のことを教えてくれる 機会は一生ないとおっしゃる方が多いです。見るだけなら、もっといろいろな業界も見てみたいと思いました」

「学生は、教えてもらったことを一問一答して100点満点で評価されますが、就活はこれまでの自分を見つめなおして、誰に教わらずともエントリーして、自分で選んだ企業じゃら参加できる選考スケジュールを組んで、遅刻しないように移動手段や時間を逆算して、答えが決まっていない質問や問題に対し自分なりの答えを準備する。これが本当に、社会人になることの一歩目なんだなと感じました」

「これまで降りたことなかった駅や、これまで訪れたことがなかったオフィス街をあるいて、ついた先では企業様から様々なことを教えていただいて、すごく勉強になりますし、新鮮に感じます。個人的には、せっかくなので帰りにこの駅で美味しいラーメン屋さんがどこか調べて、食べて帰ることまでセットで就活の醍醐味だと思っています」

このような、言葉を退出直前にこぼすのも、悪くはないと思います笑

そこそこ裏技だと思います。

「真面目に取り組んだつもりですが、〇〇さんとの面接は、会話が弾むといいますか、楽しかったと感じました」

当時、こんな感じの事をこぼしている人がいたときは、人たらしだなぁ~と思いました。

 

最後に

まだ就活まで余裕がある人は

何事にも主体性をもって、熱心に打ち込んでください

それそのものが武器になりますし、今後にもいい思いができるマインドになります。

そして前述の通り、

就活は楽しんでください。

情報戦ゲーム・目をそらしたら負けゲームと考えたり

自分は最高の就活生役の演技派な役者だと自己暗示してみたり

知らなかったマナーの文句を言いながら実践してみたり

早めに企業ビルについて、わざと用を足して、征服した気分になってみたり

周りの就活生の”こんなやばいやつがいたエピソード”をメモに残して友達に報告したり

私のように、ご当地ラーメン制覇をついでにやってみたり

 

当時はつらいし不安に思うことも多いと思いますが、

今しかできないことは、その時にしっかりと向き合ってやり遂げましょう♪

 

それでは、就活編は一時完結となります!さぼてんでした~

【入社後に後悔しないために】意外と簡単な社風の調べ方 会社選びの考え方 就職活動記録 
入社後に“思ってたのと違う!“と思いたくない方必見! この記事では、入社後までわかりにくい社風の調べ方を紹介します。 実は、3年内退職理由の多くは社風が理由と言われます。この記事を読むことで、そんな危険や不安を回避できます。
【年間休日?有休?年収が高い?】福利厚生についての基本 会社選びの考え方 就職活動記録 
就活を始めたばかりの方必見! この記事では、会社選びに重要な要素である福利厚生についてをまとめております。 実は、年収が高いだけで会社選びは危険!?この記事を読めば、なるべく多く理想的な企業探しへの視点を身につけることができます。
【人事にハマる?】"人事採用担当"という人を知っておくと納得がいく! 就職活動記録
就活対策をしっかり勉強したい方必見! この記事では、就活窓口の人事がどんな立場なのかを紹介します。 実は、ハマっても意味ない人事も!?この記事を読めば、採用に至る流れや人事の立場からの就活生の見え方も学べます。
【就活面接攻略のコツ11選】採用されやすい人の振る舞いや回答例文 就職活動記録
面接にお悩みの就活生必見! この記事では、人事にささる面接のコツや技術11選を紹介しています。 実は、内定貴族は自然にできている!?この記事を読めば、就活面接への不安が減り、採用率向上に繋がる技術がわかります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽に生きるへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました