【不器用・自信ない・料理下手必見】料理が苦手な人の特徴7選 と 誰でも料理下手を克服できる7つのSTEP これで料理教室不要

料理苦手な人の特徴と克服方法人生を良くする情報集
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!さぼてんです。

普段は料理の盛り付けに関する記事を執筆しておりますが、以下のお悩みにお答えしたいと思います。

お悩み

手作り料理が苦手で、好きになれません。
料理の学習経験は家庭科の調理実習授業くらいです。自分ではうまくできてるつもりなので治し方もわかりません。

料理基礎とコツって、誰かに教わることが少ないもんね!

さて、今回は
親子向け料理教室の講師経験もある僕から、料理苦手な人が無意識にやりがちなことの特徴と苦手克服方法をご紹介します。

では早速、本記事の内容へ

今回のテーマ
気付いていないだけ!?
料理が苦手な人の特徴7選&7STEPの克服法

この記事でわかること

・料理苦手からプロを目指す練習法
・料理苦手意識の解消方法
・当てはまったら危険!?料理苦手の特徴
・料理の基本が習得できているか
料理が苦手・料理上手になりたい方へ

さぼてんさんの自己紹介

この記事の所要時間目安

料理教室だと1時間×6回分程度の内容を執筆しています
全文読み:約10分
結論のみ:約1分

料理が苦手な人の7つの特徴

  1. レシピの材料を守らない
  2. 分量通りに材料・調味料を量らない
  3. 臭み消し・下処理を知らない
  4. 基本強火で調理している
  5. 味見をしない
  6. 料理前にレシピ全体の流れを理解できていない
  7. 食、料理に興味がない

極端な話、料理は経験を積むほどに上手くなります。料理が苦手・料理がなかなか上達しない方は、無意識のうちに経験値を受けとらない料理方法を続けている場合が多いです。

つまり、”経験を積むための料理”を繰り返すことで、誰でも料理上手になることができます。

レシピの材料を守らない

食べたいと思ったメニュー名を検索したとき、”基本のレシピ”のページにたどり着くことが多いですよね。

基本をしっかり学べるし、初心者向け感があるよね!

例えば、グラタンを作ろう思ったあなたが、たどり着いたレシピサイト例を見てみます。

マカロニグラタンのレシピ

引用:基本のマカロニグラタンのレシピ/作り方:白ごはん.com (sirogohan.com)

このレシピを見て、料理苦手さんは以下のように考えてしまいます。

マカロニグラタンのレシピ

「玉ねぎ/3は切りにくいから1/2個にしよ」
 野菜の水分で薄まります

「椎茸1,2枚の為に1P買いたくないから無しで!」
 風味や出汁感、後味がなくなります

「バターないから、家にあるマーガリンでいいや」
 甘味や香りに違和感が生まれます

「小麦粉・・・とろみ?片栗粉でいいかな」
 とろみというよりモチモチした食感になります

以上のように、材料を抜いたり置き換えたり。楽に作る方向でアレンジをしてしまいます。

“基本のレシピ”であるほど、一つ一つの材料・分量にしっかりとした役割があります。無意識に行ってしまう材料抜きや置き換えは、本来ならばプロでも一工夫が必要な技術です。

レシピを変えた分クオリティは当然下がりますが、おいしくなさそな見た目になることは少ないので、初心者は”なぜ料理が美味しくならなかったか”の原因に気付けません。

騙されたと思ってレシピ通りに作ろう!

分量通りに材料・調味料を量らない

同じくマカロニグラタンのレシピを例に紹介します。

マカロニグラタンのレシピ

分量が違えば味が変わります。レシピ通りに作らないことと同様の理由です。

「鶏肉は多くても旨味が出るし増やしちゃお!」
「お腹すいてるしマカロニたっぷり!目分量で増やそ」
 何かの分量を増やす分、割合として他の分量が不足します

えー!細かくない?プロは目分量でも正確なの?

若干の誤差の範囲はあれど、ほぼ正確です。

誤差修正のために、プロは味見を通して調味料を追加し味の調整をしています。初心者のうちは、味の軌道修正に関する知識が乏しいため、そもそもバランスを崩さないことが大切です。

アレンジは基本を理解してからだね!

臭み消し・下処理を知らない

多くの場合、下処理を含めてレシピに書かれています。手順通りに行えば問題はありません。

え?じゃぁレシピ通りに作れってことでおわり?

そこに落とし穴があります。

レシピは、買ってきた新鮮な食材で作る事が前提になっています。
 冷凍したお肉・野菜を使う場合は”解凍方法”などの別の技術が必要になります。

初めて作る料理の場合は、まずは新鮮な食材での料理をおすすめします。

また、クックパッド・楽天レシピなどの一般の人が投稿可能なレシピサイトは下処理を記載していないことが多くあるため注意が必要です。

下処理が必要な食材例

エビ:背ワタを取る
ジャガイモ・サツマイモ・なす・れんこん:水に漬けてアクを抜く
ごぼう:たわしでこすり表面をむく・水に漬けてアクを抜く

オクラ:表面の毛を塩もみで取り除く

きのこ:いしづき部分を取り除く・水洗いしない

きゅうり:いたずりを行い表面のとげを取り除く

など

レシピサイトによっては、料理知識がない方も投稿可能であり、その点に危険性があります。
慣れないうちは、一般投稿可能なレシピサイトは避けて良いと思います。

こちらのサイトは、専門の方の目を通したうえで投稿される動画解説付きレシピが多いため、手順もわかりやすく、工程の抜けが無い優良レシピが多いです。

基本強火で調理している

とろ火・弱火・中火・強火など、レシピに書かれている火加減。説明できますか?

火加減自体がどの程度のものなのか理解できていない場合があります。

火加減の目安

とろ火:ほぼ消える直前のような火加減
弱火:鍋底に火があたらない(あててはいけない)火加減
中火:火が鍋底にあたる程度の火力
強火:中火以上。鍋から火がはみ出す火力はむしろ危険

火加減 画像
画像引用:火加減(とろ火、弱火、中火、強火) – プロのレシピならレタスクラブ (lettuceclub.net)

火加減が強いほうが料理時間短縮になるんじゃないの?

なりません。

フライパンの温度が上がるだけです。食材の表面をヤケドさせる要領で焼き色はつきますが、食材の芯に火を通すためには温かい熱が中心部にゆっくり浸透していくための”時間”が必要です。

強火≒炙り調理

炙りとは・・・
中身に火を通さないために表面だけを加熱・焼き色を付ける調理。
表面だけを焼いて硬くすることで食感のコントラストを生み出すことや、焼いた薫りを楽しむことを目的とした調理方法

焼き色がついておいしそうな見た目なのに中身が生だった!という失敗の理由は火加減です。
強火は食材を焦がす原因です。特にタレや調味料はフライパンに焦げ付きやすいです。

火加減のポイント

ほとんどの炒め・煮込み料理は終始中火~弱火でOK
焼き料理の場合も、”おいしそうな焼き色”をつける目的でのみ強火~中火。その他中火~弱火でOK

ちょっと地味だけど中火~弱火のまま作れば失敗しないね!
※中華料理は強火が基本と言われますが、中火~弱火で問題ありません。
すぐに火が通るように食材を小さく切る・素揚げするなどの事前準備とプロの料理速度をもってして強火が推奨されています。

味見をしない

レシピ通りに作った。見た目もレシピ例通り!という場合でも途中・最後の味見は必須です。

レシピ通りじゃん!おいしく作れるんだから味見は不要じゃない?

味見の目的は、
・そもそもの調味料間違いに気づくため
・自分の好みの味に調整するため

塩と砂糖を間違えること。小麦粉と他の粉を間違えてしまうことは稀にあります。
食べられないほどの失敗を食卓で気づいてしてしまった時は、ガッカリするし、食材も無駄にしてしまいます。

なるほど。途中の味見っていつするの?

レシピ全体を眺めて、味見ポイントを作ります。
主なタイミングは、合わせ調味料を加えた後・塩、しょうゆ、みそなどの塩分ある調味料を加えた後です。

 

途中の味見に加えて、お皿に盛り付ける前に最後の味見もします。ここで好みに合わせた調整やすべての食材にしっかりと火が通っているかを確認します(火の通りにくい野菜を試食)。

人参・かぼちゃ・じゃがいも・玉ねぎ・厚手の食材が硬い。火が通っていないと感じる場合は、その食材だけ別皿に取り出し、電子レンジで30秒ずつ温めます。食べやすい柔らかさまで火が通ったらフライパンに戻して軽く炒め合わせれば解決できます♪

食材ごとに火の通りやすさが違うのは当然だもんね!

レシピサイトを見ると
火の通りにくい野菜は小さく切る・先に加熱するなどの工夫をしていることが多いです。加熱する順番も大切なのです。

料理前にレシピ全体の流れを理解していない

レシピの選び方として、”写真がおいしそう”・”食べたいと思ったレシピ名”という理由から参考レシピを選ぶ傾向があります。

そのレシピ。買い物前に、調理前に流れをすべて目を通していますか?

よくある失敗

・調理中にミキサーや圧力鍋等(調理道具)がないことに気付く

・レシピの次の工程を読んでいる間に料理を焦がす

・料理中にわからない料理用語があったので無視した
・思った以上に細かくて複雑な料理に嫌気がさして雑になる
・鶏ガラ、味の素、コンソメなどの調味料を買い忘れる

・途中で”一日寝かせる”などの長時間工程に気付く

レシピの流れをイメージして、ちゃんと作れるか理解したうえでレシピを選んでください。

 

レシピ暗記!とは言わなくてもそのくらいのイメトレは大事!

慣れないうちは、
料理中にレシピを読むとき、漏れていた工程を補うときは必ず火を消してください。焼きすぎは取り返しがつきませんが、再加熱は容易です。

 

食、料理に興味がない

好きこそものの上手なれ。
料理に興味がない時点で成長率は△です。

解決策

・おいしい料理を食べに行く
・お惣菜と自分の料理を食べ比べしてみる

・料理動画や映える盛り付け料理写真を見る

作ってもらえた料理の味がおいしくない。全体的に雑で料理に興味がないパターンのメシマズと思われる場合は、
おいしい部分を大げさに褒める・好きな味や好みをしっかりと伝える・本当に料理が嫌いそうなら、家事担当を代わることを考えてみてください。

料理が嫌いな理由

得意・苦手とは別に、料理が嫌いな方もいます。

  1. 毎日献立を考えられない
  2. 扱い方がわかならない食材は買えない
  3. 包丁が苦手
  4. 作り甲斐を感じない

これらの理由が考えられます。

料理が嫌いな方も、以下のSTEPからチャレンジしてみてください。
それでは、料理下手・料理嫌いの克服法をもまとめて行きます。

料理下手・料理嫌いの克服方法

料理に慣れるまでは、ちゃんと計ってレシピ通りに作れば絶対に失敗しません。

 

失敗しない料理には、包丁やフライパンと同じレベルで電子量り(キッチンスケール)が必需品です。
 
それでは、
料理経験がなく、自信がないけど料理がうまくなりたい!料理を学びたい方に向けた誰にでもできる取り組みSTEPを解説していきます。
 

基本STEP1:ミールキットを試す

料理の効率と基本的な加熱調理工程を学べます

ミールキット商品は、食材購入→ものにより食材カットの工程を省けます。

なかでも、宅配ミールキットであれば、主菜・副菜を同時に作るキットもあり、料理の効率や火加減、基礎的なノウハウを学ぶことができます。

Oisixミールキット

只今、Oisix宅配ミールキットの特別お試し価格が実施中です。
Oisixミールキットは細かくわかりやすい料理の手順書が付いてくるだけでなく、キット以外のお試し食材もついてきます。

2,3人前×3食以上のキットが1980円でお試しできるので、1食あたりもお得&買い物行かなくていい&料理の勉強ができるの三拍子そろったこのキャンペーン品は非常におすすめです♪

同じ宅配先であっても、”名義・電話番号”が異なれば2度目のお試しも可能です。
ミールキットの契約を継続しなくても、節約にもおすすめですね

 

Hello Fresh ミールキット

調理難易度でいえばOisixよりも料理技術が必要です。
Oisix比較では、食材カット量が増え、自分で味づくり経験も増えます。

STEP1-1 Oisix
STEP1-2 Hallo Fresh

以上の順でお試しいただければ、食費節約&料理ステップの勉強が捗ると思います!

料理が全くの未経験じゃないなら、Hello Freshの方が勉強になる!

基本STEP2:簡便調味料を使って裏面通りに作る

食材の購入・カット・下処理を学べます
簡便調味料とは?

たれ・調味料メーカーから発売されている料理のたれ・素などの商品。スーパーマーケットでは食品タレ・調味料コーナーや青果・鮮魚・精肉・日配コーナーの素材近くで販売しています。

味で失敗しない!簡便調味料の裏面は材料・手順解説も丁寧です。

例えば、代表的な簡便調味料シリーズのCock Doを例に紹介します。
料理の苦手克服
 
簡便調味料類の場合、多くて6つ程度の食材で作れる構成のものが多いです。そして、種類も豊富なので飽きがこないまま継続して楽しめます♪
 
今の時代は、簡便調味料を使って料理ができれば十分だと思います。
 

 

基本STEP3:簡便調味料を使ったアレンジレシピを参考にする

味と食材の相性やアレンジ知識を学ぶことができます

料理下手の克服

回鍋肉チーズタッカルビ丼のレシピ・作り方・献立|レシピ大百科(レシピ・料理)|【味の素パーク】 : 鶏むね肉やキャベツを使った料理 (ajinomoto.co.jp)

購入した簡便調味料の会社ホームページには、その調味料をつかったアレンジレシピを掲載している場合が多いです。
次のステップとして、会社のホームページに掲載されているアレンジレシピを参考に作ってみてください。

同じ調味料でも、組み合わせる食材が変われば味の感じ方が大きく変わるということを体験できます。

冷蔵庫の余り物活用”アレンジ”の基礎を体験できるんだね!

基本STEP4:すき焼のたれ・万能調味料・めんつゆ料理を試す

1つの調味料を通して料理方法の種類を学べます

これらの調味料類は、1つのタレでありながら様々な料理を作れます。
これまでのSTEPと異なり、1つの調味料を通して煮たり焼いたり揚げたりといった料理方法を学べます。

画像引用:すき焼のたれのレシピ一覧|おいしいレシピ | エバラ食品 (ebarafoods.com)

ここまで料理に慣れれば、基本はバッチリ習得済みと言えます。

あとは、”調味料作り”・”味づくり”ができれば、あなたは立派な料理人です♪

基礎STEP5:レシピサイトの完全コピーから始める

調味料・味づくりを学びつつ、0から作る料理の全体を把握できるようになります。

動画紹介有レシピのメリットは、見様見真似ができること。
こちらのレシピサイトから検索し、材料・レシピを一度目を通したうえで出来そうなら完全コピー料理を実践してみてください。

料理に慣れるまでは一切のアレンジ禁止!
 

基本STEP6:同じレシピを月内に3回つくる

料理レパートリーとして定着・レシピを見ずに作れるようになります。

ここまでくれば、レシピサイトは不要ですね♪
これまでの知識を複合することで、アレンジレシピも作れるようになっていると思います。

調味料も目分量・多少のアレンジをしても失敗する確率は極端に減ります。なぜなら、すでにあなたの脳と体で料理の流れを記憶しているため、経験をもとに自己判断ができるようになっているからです♪

一生のスキルと考えると意外と楽だったね!

STEP7応用編:もっと料理の完成度を上げたい!

youtubeでメニュー名を検索すると、ほとんどのメニューで料理のコツ動画が上がっています。
下処理などの解説動画も多くあります。

例えば・・・
短時間でお店の味に!ふっくら味しみご飯がモリモリすすむ!カレイの煮つけの作り方 – YouTube

ごぼうの下処理 – YouTube

こんな感じです♪

STEP7応用編:外食店のような見栄えにこだわりたい!

お待たせしました!ここにきて盛り付けや飾り切りが一層生きてきます^^

でも、安心してください。
本ブログて取り上げている盛り付け解説については、カットサラダや市販のレトルトカレーを使った盛り付け方法といった、誰にでもできる魅せ方紹介をしています。

料理は、食べてもらえる相手の反応が良いと、一層楽しんで続けられます♪
振る舞いレシピにいかがでしょうか。

ちゃっかり宣伝しちゃったね!

料理が苦手な人の特徴・料理下手克服法のまとめ

料理が苦手な人の特徴
  1. レシピの材料を守らない
     ⇒完全にレシピ通りに作る!
  2. 分量通りに材料・調味料を量らない
     ⇒完全にレシピ通りに作る!
  3. 臭み消し・下処理を知らない
     ⇒参考レシピサイトに気を付ける
  4. 基本強火で調理している
     ⇒ほぼ弱火~中火でOK
  5. 味見をしない
     ⇒途中・最後に味見必須!
  6. 料理前にレシピ全体の流れを理解できていない
     ⇒できない項目や道具必要か確認
  7. 食、料理に興味がない
     ⇒美味しい料理をたべる・食べ比べをする・興味がわかない場合は料理担当を変わってあげることも視野
料理下手克服法
  1. ミールキットを試す
    (料理の基本の流れを体験)
  2. 簡便調味料の裏面通り調理
    (食材選び・カットを体験)
  3. 簡便調味料のアレンジレシピ実践
    (食材の違いによる味の変化を知る)
  4. すき焼たれ・万能調味料レシピに挑戦
    (焼く・煮る・揚げる等料理法を経験)
  5. レシピサイト通りに料理を作る
    (調味料・味づくりを学ぶ)
  6. 同じレシピを月内に3回作る
    (レパートリーとして定着化)
  7. 応用方法
    youtubeで料理知識を深める
    このブログで盛り付けを学ぶ

よくある料理苦手のQ&A

包丁が苦手で・・・料理が嫌いなんです
包丁不使用 ハサミ レシピ
検索
こちらで調べれば料理候補が多くあります。
毎日献立を考えるのが面倒です

おうちにあるあまり野菜+ジャンルを検索してみてください。

じゃがいも 洋風 レシピ
検索

冷蔵庫に何もない場合は、スーパーの特売食材・見切り値引き食材から1つ材料を決めて検索すればアイデアが浮かんできます。

作り甲斐がありません

自分の料理工程慣れから、料理を楽しめていない&食べる方のリアクションが薄いことが原因であることが多いです。
料理を褒められることで料理が楽しく継続できるようになります♪

さぼてんさんの生活手帳
検索

これです。笑

騙されたと思って盛り付けを極めてみてください。

食器の新調をしてみてください。
出来た料理の写真を撮ってみてください。

人生において切り離せない”食”
楽しめるだけ人生得したと思いませんか?悩めるあなたを応援したいと思い、本来料理教室で教える段階的ノウハウを記事に記しました。

あなたの周りに料理苦手な方がいる場合

まずは料理してくれることに感謝し、料理を褒めてください。

まずは料理に興味を持たせ、好きになってもらう!

次に、好みの味を伝えるor作ってもらいたいレシピを渡す

こんな味で作ってほしい!ということを知ってもらう!

改善しない場合は、正直に伝えて、
本記事の克服法STEP1のミールキットから一緒に作ってみてください。

料理を作りたくない方もいます。自分が作れるなら分担変更を!

最後に

料理・・・家庭科の授業の調理実習以外で学ばない方も多いと思います。

料理教室に通って学べることは、この工程を分散させたものです。
簡単に言ってしまうと
料理は数をこなして身に着けていくもの
レパートリーは食経験数からくる引き出し

昨今は、レシピを調べればすぐに出てくる時代です。

その分、冷蔵庫に余った野菜を上手に使えない方も多いとか。

 

このSTEPを実践することで、食材を無駄にしない料理上手レベルまでは基礎が定着します。

手作り料理慣れをすると、食費の節約につながります^^

是非是非、QOLの高い食生活をお楽しみください♪

それでは、さぼてんでした~

コメント

タイトルとURLをコピーしました