【誰でも簡単・器具準備不要】パスタの盛り付け方 外食店のようなおしゃれ方法 2選

盛り付け術
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!さぼてんです。

前回に引き続き、日常に活用できる盛り付け方法をご紹介します!

今回は・・・パスタ!

一人暮らしの救世主であるメニュー。

最近は安価なパスタソースも多いですよね♪

こんな感じにきれいに盛り付けられたら、

簡単おしゃれそのものですよね

 

というわけで

誰でもできる盛り付け講座!

菜箸でできるパスタのおしゃれ盛り付け2選

ご紹介いたします!

こんな方におすすめの記事です

・料理初心者ですが、きれいに盛り付けしたい!
・食卓を華やかにしたい!あわよくば映え料理を拡散したい!
・いつものオムライスをおしゃれに盛り付けられたらいいな!
・盛り付け、彩、色味、食の見せ方の基本を知りたい
・食品関連業種の方
・料理系インスタグラマーになりたい

▼盛り付けと彩に関する基本!の記事▼

https://saboten-san-lifestyle.com/how-to-pasta-selving-big-tableware/2539/
 

盛り付けのために必要な道具って?

つかうもの

・菜箸(または細めのトング)
・おたま

 
あればなおいい!調理シーンからプロっぽく見せられる道具は、
細いトングです。

 
トングは、取り分けやすさは
ありますが、繊細な盛り付けには”細さ”が大切です。
細いトングがあればおしゃれな盛り付けも容易です。
とはいえ細いトングが自宅にある方は結構な料理好きさんです。
といことで、今回は細いトングを菜箸で代用した盛り付け方法をご紹介します!
 
トング ピンセット などを使う方法も
これから紹介する方法とやり方は同じです。
 
丸っこく見せるための輪”セルクル”の代わりにお玉を使っています^^

盛り付け方:縦巻き の方法

こちらの盛り付けを”縦巻き“として紹介いたします。
この盛り付けにあうソースは?

どのソースでもOKなスタンダードな盛り付けです
水分感の強い/弱いソース、具材の多い少ない問いません

では早速!

【茹で – 準備のポイント】

STEP1
パスタの表記時間通りに茹でる

パスタの種類は、麺タイプであればなんでもOK
裏面通りに茹でてください

パスタを茹でるポイント
・たっぷりのお湯で茹でる → かたさムラがなくなる

・お湯に対し塩を1%入れる → 下味が付き、食べやすく
1%計るのってめんどくさい・・・
 →お湯を味見しほんのり塩味を少し感じられればOKです

STEP2
器を温めるとなおよし

パスタを茹でている間、お湯を盛り付け皿にかけて
お皿を温めておくソースも温めておく
※盛り付け前に水分はふき取ってください

パスタは、冷めるとかたまってしまい風味も変わります。
保温1つでおいしさはより良く感じられます。

【縦巻き盛り付けの方法】

STEP1
茹でた麺を、菜箸の片方にひっかける
麺が茹で上がったら、菜箸の片方にパスタをひっかけます。
 1回でひっかけきれなくてもOK、何回でもすくって問題ありません。
※写真は2~3人前茹でています。
 1人前の場合は、パスタすべてを箸にひっかけてください
STEP2
箸の先端をお玉の底につけてから巻く
箸の先端をお玉の底につけ、箸を立ててから巻く
 
巻きにくい時のポイント
箸を立てたときに、箸を持ち替えると巻きやすいです♪
持ち替えるときは、
しっかり挟んでパスタがほどけないように気を付けてください。
STEP3
お玉のなかで巻き取り、お皿に移す
お玉のなかで巻き付けたら、お皿に移し
お皿の上でさらに2、3回巻く
失敗しないために意識すること
・お玉に水分がたまらないように水を切る
・なるべくお箸の隙間が開かないようギュッと閉じたまま巻く
菜箸や、細いトングを使うことで
中心の円が小さくなり、見た目がきまります。
STEP4
ソースを丁寧にかける
ソースは小さいスプーンで少しずつかける
ソースの色に合わせて、
彩を意識したトッピングを行えば完成!
今回は粉チーズ(白)とパセリ(緑)をふりかけました!
をご参考ください♪
・高さを意識すること
・余白を広めにとること
これで高級感UPです♪
大きめの具材がある場合は、パスタに立てかければ◎
 
ソースが底に薄く浸る仕様でもまた違ったおしゃれさになりますので
比較的水分感の強い市販のパスタソースでもOKです。
ただ、ソースが多すぎるのは、高級感がそこなわれてしまうので
多すぎるくらいなら別のカップに入れるか、別のメニューで使うことがおすすめです。
 
▼茹でて、ソースと絡めてか盛り付けてもOK▼

盛り付け方:横巻き の方法

続いて、
こちらの盛り付けを”巻き“として紹介いたします。

 
この盛り付けにあうソースは?

オイルパスタ(バジルパスタ)

具材の固形感のあるソース
水分感が強く具材が小さいソースだと、具をのせるのが難しくなります

では早速!

【茹で – 準備のポイント】※茹で工程は縦巻きと同じです

STEP1
パスタの表記時間通りに茹でる

パスタの種類は、麺タイプであればなんでもOK
裏面通りに茹でてください

パスタを茹でるポイント
・たっぷりのお湯で茹でる → かたさムラがなくなる

・お湯に対し塩を1%入れる → 下味が付き、食べやすく
1%計るのってめんどくさい・・・
 →お湯を味見しほんのり塩味を少し感じられればOKです

STEP2
器を温めるとなおよし

パスタを茹でている間、お湯を盛り付け皿にかけて
お皿を温めておくソースも温めておく
※盛り付け前に水分はふき取ってください

パスタは、冷めるとかたまってしまい風味も変わります。
保温1つでおいしさはより良く感じられます。

【横巻き盛り付けの方法】

STEP1
茹でた麺を、菜箸の片方にひっかける
麺が茹で上がったら、菜箸の片方にパスタをひっかけます。
 1回でひっかけきれなくてもOK、何回でもすくって問題ありません。
※写真は2~3人前茹でています。
 1人前の場合は、パスタすべてを箸にひっかけてください
—–ここまで縦巻きと同じです———————–
STEP2
箸の先端をお玉の底につけてから巻く
箸の先端をお玉の底につけ、横向きのまま巻く
横長さがポイントのため、
①なるべく水平・・・・・・横長さ維持
②お玉側に箸を下げる・・・横幅が縮まる
③箸手前側を下げる・・・・横長さが広がる
 ※箸を伝って熱湯が手に触れないよう注意下さい
この調整次第で長さが変わります♪
 
巻きにくい時のポイント
箸を持ち替えると巻きやすいです♪
STEP3
お玉のなかで巻き取り、お皿に移す
お玉をあてたまま巻き付けたら、お皿に移す
 ※しっかりとパスタが皿の上に乗せてから
  お玉と箸を抜き取ることで、きれいに仕上がります
失敗しないために意識すること
・お玉に水分がたまらないように水を切る
・なるべくお箸の隙間が開かないようギュッと閉じたまま巻く
STEP4
ソースを丁寧にかける
ソースは小さいスプーンで少しずつかける
ソースの色に合わせて、彩を意識したトッピングを行えば完成!
今回は粉チーズ(白)とパセリ(緑)をふりかけました!
ソースをかける場合は、
パスタ全体にかけないことが高級感のポイントです。
お皿に対するパスタを置いた後の余白のように、
パスタに対するソースを置いた後の余白も意識してみると非常にきれいです!
 
・ソースを上に乗せるのが難しそうな場合は割り切って手前にかける
・大きい具材は立てかける
など、パスタ全部をソースが覆わないように盛ることで
パスタの黄色も活き、色味のメリハリがはっきりし=高級感がでてきます!

 

最後に

盛り付けでちょっといいものに見える!=おいしく感じる

ということは、あながち間違いじゃないです。

私は、市販のパスタソースの水分感が多すぎると感じた場合、
フライパンで少し煮詰めています笑

今回のパスタ盛り付け+煮詰めた市販ソースを
友人に振舞ったこともありますが、

とても喜んでもらえました^^←
ちなみに、私の好きなパスタソースは


 

この二つは、本当においしいと思っています!
あなたのおすすめソースはありますか?

ではでは!さぼてんでした~

にほんブログ村 料理ブログ 食品サンプル・メニュー写真へ
にほんブログ村

コメント

  1. みけねこ より:

    記事を読ませていただきました。
    パスタの盛り付け、参考になります。
    市販のソースでも高級感ありますね。
    早速、やってみます!

タイトルとURLをコピーしました